隠レ蓑

お山の記録と、日々の懊悩