隠レ蓑

お山の記録と、日々の懊悩

沢登り

前ヶ岳南壁V字第二スラブ

11月2日(土) 会越・御神楽岳 霧来沢右俣・前ヶ岳南壁V字第二スラブ 単独 1か月ぶりのお山。どこか遠くのお山に行きたい。自作「行きたいところリスト」を見たら、行きたい度上位にランクしている御神楽が浮かんできた。なかでも前ヶ岳南壁V字第二スラブは流…

前穂高岳 第一尾根第一支稜「ウェストンリッジ」

9/15、ひょうたん池より三本槍。左はウェストンピーク、真ん中は前穂三本槍、右は第一尾根正面壁の頭 序 「前穂第一尾根第一支稜」つまり仮称「ウェストンリッジ」と聞いても知らない人が多いと思います。これに関して興味を覚えましたら、まずはかつて精力…

奥秩父 雁坂峠~大荒川谷~東破風山

概 要:9/22 日帰り単独 雁坂峠から大荒川谷 ルート:道の駅みとみ(6:07)~沓切沢橋(6:53)~雁坂峠(8:26)~雁坂小屋(8:35)~地蔵岩(9:25)~小荒川谷・大荒川谷二俣(10:50)~1570m二俣(12:09)~1790m三俣(13:01)~東破風山(14:22)~雁坂嶺(15:20)~雁坂峠(15:…

西丹沢・雨棚 登攀

8/31 雨棚 登攀 with Oさん ☟普段は左壁沿いに一条に水を落とす雨棚であるが、前日の降雨で増水していて多条に流れを広げていた。なんかキレイだったなぁ。去年見たより水量がずーっと多くてなかなか圧巻です。しかし登ったのは増水しても濡れていない右壁だ…

尾白川 鞍掛沢~乗越沢

8/24~25 尾白川 鞍掛沢~乗越沢 入渓してすぐの女夫滝。 本谷と鞍掛沢の出合のちょい手前は尾白グリーンのプール。 鞍掛沢に入るとぐっと水量が減り、輝く水面の緑と木々の葉っぱの緑のコントラストが美しい沢歩きになる。 鞍掛沢は穏やかな流れの中にいく…

宝剣~伊奈川本谷下降

8/10~12 宝剣から伊奈川本谷を下降 with SKさん 計画では中御所谷から宝剣岳中央稜を登り、伊奈川本谷を下降する予定であった。車2台で、1台を倉本林道の登山口にデポして、伊那から木曽へ、なんていうちょっとした沢旅がしたかったんだ。 メインははっきり…

中央アルプス 正沢川本谷

7/7 中央アルプス 正沢川本谷 with Sさん、Fさん 福島Bコース登山口に車を停めて出発。林道の途中で正沢川沿いを進むと思われる「沢登りコース」という登山道の分岐があって「へぇ~」と思ったが、左の「茶臼山コース」に進んだ。徒渉点にあったらしい橋は消…

西丹沢 湯ノ沢四ノ沢

5/19 西丹沢中川川・湯ノ沢四ノ沢 箱根屋沢出合に車を停めて歩き出した。第1堰堤を過ぎ林道末端から入渓した。といっても最初は土砂の流出で埋まってミニ戸台のようになっている。 ゴーロを1~2分も歩けば少ないながらも水流が出てくる。 第2堰堤。左岸巻き…

西表島・沢登り未満

西表島の思い出・・・ピナイサーラ~テドウ山~浦内川ウロウロ with Junさん 旅はすべて夢で見る妄想と現実のせめぎ合いのようなものである。 寒くなり、沢登りが鳴りを潜める冬の時期、西表島や台湾などといった、遠い南方の地に馳せる妄想は募るばかりであ…

房総・土沢~キンダン川、清澄山~三石山

2/10日帰り単独、房総のロングな沢歩き+山歩き。 亀山湖の滝原地区湖畔公園(P)・滝尻橋が起点 小櫃川左岸支流の遡下降[土沢~四郎治沢源頭~無名沢(下降)~湯ヶ滝(廃村)~キンダン川]→関東ふれあいの道に抜ける 関東ふれあいの道から縦走[清澄山~元清澄…

下ノ廊下散歩(黒部ダム~別山谷往復)

11/2 単独。右足を怪我してしまい少しお休みしていましたが、リハビリとしてのんびり下ノ廊下を散歩しました。終わりつつある紅葉と、黒部川に注ぐ支流を観察しながら、別山谷まで歩くのが精いっぱい。2時間ほどで傷口が開いてしまい、右足を軽く引きずりな…

有明山・深沢右俣

10/20~21 有明山・中房川 深沢右俣 with Yさん 観音峠はもう初冬の朝だった。温泉が湧いているらしく、そこだけ温かくなっているマンホールの上でいそいそと身支度し、御堂の脇から小尾根を下って入渓した。いきなり花崗岩の深い谷だ。F3を右岸に付けられた…

北穂高 滝谷出合~第四尾根

9/28 北アルプス北穂高岳 新穂高~滝谷出合~第四尾根~涸沢岳山頂~白出沢下山~新穂高 with Wさん 【タイムスケジュール】 2:30 起床。Wさんのエクストレイルは荷室が完全なフルフラットで、寝心地が最高であった。2時間半ほどであったが、ぐっすり寝れた…

御神楽沢奥壁・本谷ルンゼ

9/23 会越 広谷川 御神楽沢奥壁・本谷ルンゼ with Wさん 三連休で当初1泊2日で計画したが、晴れが連休中日の1日だけで前後は雨の予報であったため、幕営装備を省いて軽量化し、日帰りで行った。奥壁基部で夜を明かし朝日を仰いで奥壁を登る、というドラマチ…

八ヶ岳 立場川ノロシバ沢

9/7 八ヶ岳 立場川ノロシバ沢 単独 予定していた長期山行が超大型の台風であっけなく中止になり、増水していても大丈夫そうな沢を無理くり探して選んだ。それがこの沢である。そういうわけで、やる気に満ちているわけではないが、八ヶ岳の沢なんてこんな機会…

黒部川・弥太蔵谷

8/12 黒部川 弥太蔵谷~瀬々薙谷~音谷下降 谷川に行くつもりであったが、天気がいまいちである。常に代替案は持っているほうなので、全国的に雨でなければ、どこかしら行き先はある。しかしながら単独山行なので、行き先選びは常に気持ちの面が優先される。…

谷川・笹穴沢

8/4 谷川 赤谷川・笹穴沢 単独 できれば平標山から渋沢林道のほうへ下山ではなく、久しぶりに谷川の尾根歩きもしたいと考えた。平標山から仙ノ倉山、エビス大黒の頭を経て、毛渡乗越から赤谷川への下山である。体重は増え、体力は低下している今日この頃では…

大源太川・北沢本谷

7/29 上越 大源太川・北沢本谷 大源太山登山口(9:05)~入渓(9:30)~3俣(10:40-11:00)~山頂(12:30-12:45)~登山口(13:50) 朝、7時ごろ車中泊から目覚めたが、雨が降ったり止んだりである。大源太川・鷺ノ首沢に行きたかったが、どうでもよくなり、また寝た。…

吾妻連峰・中津川本流

7/8~10 吾妻連峰・中津川本流 の思い出 with Junさん <中津川遡行前夜> もともと7/7~10の4日間で白神山地の予定を立てていたが、雨で残念ながら中止にした。7/8~10の3日間に短縮し、代替案として南ア南部・聖沢本流を予定したが、それも雨で中止にし、…

安倍奥・白沢大滝

7/1 安倍奥・白沢大滝、大滝登攀 with Okさん 宮崎に一緒にクライミングに行ったOkさんと、沢登りにご一緒できる機会に恵まれた。Okさんは日本のクライミング黎明期から登っているリアルレジェンド。朝発日帰りなので、それほど遠くには行けないが、ここぞと…

吾妻連峰 塩ノ川

6/23 吾妻連峰・塩ノ川 単独 吾妻連峰の沢3選として、中津川、松川、そしてこの塩ノ川を聞く。中津川は(中退の結果だったが)数年前行ったことがあった。この週末は晴れそうなのが東北だったので、時期的に早い気もしたが、日帰りで行けそうな塩ノ川に行って…

奥日光 赤岩滝登攀~柳沢川右俣

6/9~10「赤岩滝登攀の記録」と「柳沢川再訪の日記」 記録 赤岩滝(7段140m)・単独 下から1~4段90mの全景。奥に見える直瀑が4段目で、一見して水際は厳しそうな印象。ルートは終始左岸の乾いたスラブとした。1~3段は歩行以上登攀未満といった感じである。…

大台ヶ原・シオカラ谷

シオカラ谷 with Sさん、Hさん 昨日5/26は、あこがれの中ノ滝を、満足いくラインではなかったが、9pかけて登攀することができた。本日5/27は、もともとサマーコレクションを登る予定でいたが、大台ヶ原の自然をよりダイレクトに感じることができる沢登りをし…

大台ヶ原・中ノ滝登攀

中ノ滝 with Yさん、Sさん、Hさん 少し面倒くさい西大台利用調整地域の立ち入り手続きであるが、レクチャーではクライミングであることを考慮してくださり、早めの退出を許された。シオカラ谷の吊橋から沢に下り、左岸の旧登山道を拾って滝見尾根をゆっくり…

奥秩父・和名倉沢

奥秩父 大洞川 和名倉沢(1090mで中退)の日記 最近、あまり山を歩いていないので体力の低下を感じる。冬に体力作りと思って、近場でトレランの真似事や、重荷を背負って踏み台昇降をやってみたのに、これだ。そこで沢山歩ける沢に行こうと思い、以前から行…

西丹沢 トリキ沢・伝法沢

西丹沢 中川川 トリキ沢~伝法沢(下流部のナメ連瀑のみ) with Junさん トリキ沢は「丹沢の谷200ルート」を見なかったら、その存在も知らなかったところだが、たまたまJunさんの目に止まったようで、どうかな?と提案された。だいたい春にJunさんと旧交を温め…

表丹沢 山ノ神渡ノ沢大滝・清兵衛ノ沢大滝

表丹沢・寄沢流域 山ノ神渡ノ沢大滝・清兵衛ノ沢大滝 with Oさん 沢登りの大家である溝江氏の足跡を追ってみた。もっとも寄沢は表丹沢のなかでも特に脆いと聞くので、実際に登れるのかどうかはわからない。登った、という記録も見ないし、空振りに終わる可能…

表丹沢・新茅ノ沢

3/24 表丹沢 懸垂岩→新茅ノ沢(F5まで)→山岳スポーツセンターのトラバース壁 初めはクライミングにいくつもりでいたが、前日の15時くらいに突然沢登りがしたくなり、表丹沢に行くことにした。この時期、だいたいこの表丹沢の懸垂岩か、広沢寺か、三つ峠か、そ…

東丹沢・早戸川 早戸大滝

11/19 早戸大滝・単独 早戸川の流域は丹沢のなかでも好きなところ。早戸大滝はその流域の、いわずと知れた盟主に位置する滝だ。早戸大滝登攀の記録、というか記述は一例しか見たことがない。ボルト連打以外で登れるようなものではないことは分かってはいたが…

鈴鹿・犬上川 滝洞谷

11/15 滝洞谷単独 前週にもこの滝洞谷にきていて、そのときはゴルジュが深い水たまりだらけになっているのを確認して、入り口で撤退した。4人だったので時間もかかりそうだったし、涸れ谷と聞いてきたため、水に浸かって遡行する気にはならなかった。しかし…