隠レ蓑

お山の日記と、日々の懊悩

南ア鳳凰山 ドンドコ沢~地蔵岳

 

青木鉱泉から歩き出し、砂防堰堤の上から入渓。f:id:Kakuremino:20210726194809j:image

と、左岸にボルダーが点在。チョーク跡も。登って楽しそうなボルダーはそう多くはないが、こりゃドンドコ沢左岸エリア、か?
f:id:Kakuremino:20210726194812j:image

朽ちた堰堤やギリギリ現役の堰堤をまだいくつか越えると、
f:id:Kakuremino:20210726194825j:image

最初の8mほどの滝。右岸から巻く。
f:id:Kakuremino:20210726194806j:image

滝上にすぐ4mほどの小滝。
f:id:Kakuremino:20210726194816j:image

奥は直角に折れ、
f:id:Kakuremino:20210726194918j:image

出口に8m滝。右壁が登れそうだが少しバランスが悪く滑りもあったので、戻って左岸を巻いた。
f:id:Kakuremino:20210726194828j:image

崩壊した花崗岩の沢。1490mで下の写真のごとく右岸から崩壊地の押し出しが迫る。左岸側には出合に大滝。・・なんと!崩壊好きなのか間違えて崩壊地に吸い込まれ100mくらい登ってしまって、さすがに気が付いて二俣に戻った・・・。我ながらありえないね。
f:id:Kakuremino:20210726194755j:image

こちらが本流の30~40mほどの2段滝。最初はこれが南精進ヶ滝なのかと思ったが、どうやら違うらしい。下段は容易に左岸直登。
f:id:Kakuremino:20210726194822j:image

上段は右岸の藪から巻いた。・・が、落ち口にはスラブに阻まれたどり着けそうにない。巻き続けることに。
f:id:Kakuremino:20210726194841j:image

なかなか沢に戻るポイントを見出せず、ふと見れば水流は再び大滝の様相を呈していた。出合滝はすでに越えたはずなので、これがおそらく南精進ヶ滝か。懸垂で沢に戻る選択はせずに、引き続き獣道を拾い続けることに。残念ながら南精進ヶ滝を下から眺めることはできなかった。
f:id:Kakuremino:20210726194819j:image

ようやく沢に戻れたところは南精進ヶ滝の落ち口。上から見れたのでよしとしましょう。
f:id:Kakuremino:20210726194845j:image

滝上は穏やかに。 
f:id:Kakuremino:20210726200602j:image

沢はスケール感のある渓谷そのものである。10m級の小滝を3つほど架けていた。どれも通過に困難はない。奥を見やると鳳凰滝らしい大滝が遠望できる。
f:id:Kakuremino:20210726200355j:image
f:id:Kakuremino:20210726200559j:image
f:id:Kakuremino:20210726200658j:image

左岸はハングした圧倒的な側壁に囲まれる。あそこまで行っても全部戻って大高巻きかなぁと思って一瞬躊躇したが、とにかく鳳凰滝までは行ってみましょう。f:id:Kakuremino:20210726200358j:image

手前の右岸にはこちらも大滝で出合う支流。
f:id:Kakuremino:20210726200345j:image

鳳凰滝。40mくらいか。釜付近は滝の飛沫が激しく舞っている。
f:id:Kakuremino:20210726200401j:image

釜を振り返ると泥ルンゼに鹿の足跡。さすが鹿。足跡を拾いましょう。しかし泥ルンゼは20mほど登るとリスクが許容範囲を超える危うさになり、足元ごと今にも崩落しそうだ。致命的になりうる選択の誤りに気づく。泥を蹴り込み、浮石を落としまくって、25Lザックも下に投げ捨て、空身となり全力のバランスでクライムダウン。
f:id:Kakuremino:20210726200348j:image

クライムダウン途中で、鹿道がブッシュに登路を変えていることに気づく。泥ルンゼを登るのに夢中になって観察力を欠いていたようだ。致命的なアホだ。釜を見下ろして1枚。小さなオレンジは投げ下ろしたザック。
f:id:Kakuremino:20210726200408j:image

巻き途中で鳳凰滝を見やる。正面からこの滝を見た人はわずかなはず。
f:id:Kakuremino:20210726200341j:image

獣道を駆使して沢に戻ると、傾斜の強い地盤と転石で連瀑状になり、
f:id:Kakuremino:20210726200351j:image
f:id:Kakuremino:20210726200405j:image

白糸滝。20mくらいか。滝の右側はスパッとした垂壁になっていた。
f:id:Kakuremino:20210726211118j:image

振り返ると、どうやら滝見らしい登山道が。地形的には右岸巻きを選びたくなるが、さっき相当疲れることをしたので、もう登山道から巻きましょう。
f:id:Kakuremino:20210726211215j:image

実にラクに巻けて、滝上に戻った。花崗岩ナメの沢床にゆるい小滝が続く。
f:id:Kakuremino:20210726211154j:image

滝上からすぐのこの斜瀑を右岸から高巻くと、
f:id:Kakuremino:20210726211151j:image

のんび~りとした場所。1泊だったらここで泊まるでしょう。
f:id:Kakuremino:20210726211140j:image

また沢はナメとなり少し歩くと、
f:id:Kakuremino:20210726211058j:image
f:id:Kakuremino:20210726211136j:image

五色滝。落差はこれまでの滝でもっとも大きく60mはあるだろう。滝見道が沢まで下りてきているので、登山道巻きはひときわラク
f:id:Kakuremino:20210726211122j:image

登山道もシラビソが美しく、もうこのまま登山道で終わりでいいんじゃないか?と一瞬もう一人の自分が囁いてくる・・。せっかくの沢登りで登山道を使う時これが怖い。連続性を失うってことだ。しかし、まだ沢に戻って源頭まで歩きたい気持ちが今日は強固なようだ。沢に戻るのはここから、ってポイントから粛々と獣道でトラバースし容易に沢に戻った。最後の踏み跡は人の足跡な感じもしたので、昔道なのかもしれない。
f:id:Kakuremino:20210726211212j:image
f:id:Kakuremino:20210726211114j:image
f:id:Kakuremino:20210726211144j:image

滝上は一層おだやかでちょっぴり牧歌的になる。
f:id:Kakuremino:20210726211126j:image
f:id:Kakuremino:20210726211147j:image
f:id:Kakuremino:20210726211205j:image

地形図の登山道が近づいてくる。最後に岩々しい様相になり、
f:id:Kakuremino:20210726211051j:image

ごく短いゴルジュの突きあたりに、
f:id:Kakuremino:20210726211106j:image

地形図に滝記号が付された最後の滝。15mくらいか。右壁を直登。この滝は節理が豊富なので安心して登れる。
f:id:Kakuremino:20210726211209j:image

滝上は流れも小さくなり左岸から登山道が合流する。一瞬水は伏流して驚くが登山道が沢を離れるあたりでまた復活する。
f:id:Kakuremino:20210726211201j:image

とりあえず登山道は無視して沢を歩くが、
f:id:Kakuremino:20210726211219j:image

鳳凰小屋の二俣で本流には小屋の取水ホースが伸びていたため、残念ながらここで沢歩きは終わりにした。
f:id:Kakuremino:20210726211102j:image

用のない小屋を素通りし登山道を歩く。
f:id:Kakuremino:20210726211110j:image

やがて砂漠になる。
f:id:Kakuremino:20210726212458j:image

途中で砂漠をバーッとトラバースして本流筋と思しき崩壊地を見物した。それで何だかとっても満足して、また登山道を歩く。もっとも、もうヘロヘロである。頑張りましょう。
f:id:Kakuremino:20210726212508j:image

やっとこさオベリスクが迫ってくる。が、ヘロヘロで足が重い。あと少し。
f:id:Kakuremino:20210726212446j:image
f:id:Kakuremino:20210726212455j:image

オベリスク直下まで来たが、そうだ最後のクラック・・・、うーむ。沢靴フリーソロではちょっと・・。昔登ったときは、そっか残置ロープがあったんだっけ。まあ無理をしても仕方ないので、オベリスク直下を今日のピークにしましょう。
f:id:Kakuremino:20210726212443j:image

ずっと向こうに観音岳が。三山縦走して下山する予定だったがもう15時・・。思ったより時間がかかったためこのままドンドコ沢登山道を下山するつもりだが、最後にドンドコ沢でやり残した目的が出来ていたのだった。
f:id:Kakuremino:20210729210323j:image

ではオベリスクにお別れをして、最後の目的に。
f:id:Kakuremino:20210729210113j:image

どんどん下山してお目当ての場所に。なんのことはない、目的はこれです。
f:id:Kakuremino:20210726212449j:image

南精進ヶ滝。一応これを見なきゃと思って。これで心のこりなく下山できたのだった。
f:id:Kakuremino:20210726212452j:image

 

鳳凰三山は子供の時に登ったお山で一番思い出に残っているのです。数年前から沢登りでと想像して案を温めていましたが、やっと行けました。登山道を歩いた時と目に映る光景がぜんぜん違くて、当たり前ながら驚きました。ドンドコ沢は想像した以上に大きな、そして獣道に満ちている渓谷でした。

単独だったので割り切った軽量スタイルでしたが、50mロープに.75~1あたりのカム数個を含めてギアを準備して、一泊でじっくり来て、オベリスクもきちんと登れたらよかったですね。さらに三山縦走して下山できたら最高ですね。いつか再訪したいと思います。

 

青木鉱泉駐車場(6:00)~地形図の堰堤上から入渓(6:40)~南精進ヶ滝(7:50)~鳳凰滝(10:05)~白糸滝(11:25)~五色滝(12:10)~最後の滝(13:15)~鳳凰小屋(14:10)~地蔵岳オベリスク下(15:20)~鳳凰小屋(16:00)~南精進ヶ滝滝見(17:30)~起点戻り(18:40)

装備:ダブルロープ30m・ハーケンハンマー(不使用)

ルート☟

www.yamareco.com